寿司ごはんの炊き方 いい古米 炊くコツ

・研いだら必ずザルに上げ、1時間置くこと。
・ちょっと固めの水加減で炊くこと。(普通のお米は米の1.2倍ですが、1.1倍位にするとよい)
・風味と照りをだすためには、昆布・酒・みりんを炊く直前に入れること。

合わせ酢 いい米酢
混ぜ方のコツ
炊きあがったら・・・

炊きあがって、10分ほど蒸したら、しゃもじで釜肌とごはんに隙間を開け、水で湿らせた飯台に逆さまにポンと出します。

しゃもじは切るように。

そこへ合わせた酢をまんべんなくかけ、しゃもじで切るようにこまめに混ぜます。

うちわで扇ぐ

次に、手早く水分を飛ばし、米の一粒ずつに合わせ酢をしみこませると同時に、照りを出すためにうちわで風を送ります。
※ごはんの冷えすぎや乾燥しすぎは寿司ごはんには禁物ですので、あおりすぎには注意。

セッティング!

むらなく混ざったら、濡れふきんをごはん全体にかぶせ、人肌くらいのうちに食べられるようセッティングします。

米の品種