お米の賢い保存方法 お米保管の三原則

(1)高温・・・日の射すところや冷蔵庫のそばを避ける。
(2)湿気・・・キッチン等の水周りのそばを避ける。
(3)酸化・・・なるべく空気に触れないようにする。

(1)、(2)について:
風通しがよく、涼しくて暗いところが適当。冷蔵庫が一番適しているが、場所がないときには、10kg買った場合には、2から3kgをキッチンに置き、残りは納戸にしまっておくとよい。
(3)について:
【方法】
・米びつに入れる。
・ビニール袋に小分けして冷蔵庫へ入れる。

虫対策

・米びつに入れる際は、古いお米を全部出してから新しいお米を入れる。
(次々に足すと、隅に古いお米が残ってしまいます)
・定期的に米びつの掃除を心がける。
・お米の中に、辛唐辛子、ニンニク、備長炭などを入れる。

お米がおいしく食べられる期間

【室内(精米後)】
・秋の収穫〜3月までの期間・・・約2ヶ月間
・4〜5月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約1ヶ月
・6〜8月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約2週間(夏の暑い時期はお早めに!)

その他

・自動米びつ機は、掃除がしにくいので、ぬかや古い米がたまりやすいので、丸洗いできる米びつをオススメします。
・精米機にかけた直後は、お米が大変熱くなっているので、すぐに密閉しないよう注意。