私たち近江の館は、

『日本の風土を愛し、大地の力を信じ、
   日本で生まれた”ほんもの”をお届けする
      ジャパンフードマイスターです。』

『日本の風土を愛し、大地の力を信じ、日本で生まれた”ほんもの”をお届けするジャパンフードマイスターです。』

四方よし

私達は、滋賀県の物産、農家の方が愛情を注いで育てあげた素材を活かして、こだわりを持って商品を作り出し、その「心」までもお届けしたいと思っています。これは、近江商人に習う『三方よし』(※)であり、当社の経営理念である『四方よし』であります。妥協の無いこだわりで、「素材」「サービス」「商品」「環境」など一つひとつが全て本物で、本当に良いものを、必ずお客さまは求めてくれると信じています。ですから私達は、今後も近江ブランドのマイスターという自覚と自信を持って、期待に応えていきたいと思っています。

(※)多くの成功者を生み出した近江商人たちの商売上の心得・理念を説いた言葉。

10年先も20年先も、変わらない“ほんもの”であるために

契約農家で栽培されたものをはじめ、品質にこだわった商品を提供している当社。本社、東京、大阪、神戸に展開する既存店のノウハウをもとに、念願であった京都の錦市場に店舗をオープン。私たちがこれまで提供してきた自社ブランドである五穀米、十穀米、十五穀米や近江米、さまざまなお米が体質や料理など、用途によって使い分けできることを、多くの方に知って頂き、身近に感じて頂くために「お米の専門店」として立ち上げました。今日この頃、安全な食を、食育のすすめなど、健康、安全をうたう商品がふえています。10年先、20年先を常に想うと、やはり“ほんもの”にこだわりたい。日本を愛し、近江を愛する日本人として誇りある商品を自信を持ってお届けしたいと切に思います。

会社概要

創業
1972年5月10日
代表者
代表取締役 森 哲也
資本金
1,000万円
従業員数
40名
事業内容
自然食品の製造販売
【日本産にこだわってます】

近江の契約農家で採れた食材には、日本産シールを貼るようにしています。
私たちが自信を持ってオススメする日本で生まれた商品です。是非、お店で探してみてください。